TAG

プレゼン

  • 2019年10月16日

【全3回シリーズ:スピーチ、プレゼンはマーケティング戦略と同じプロセス】第1回-スピーチの原稿を書き始める前に必要なこと

目的は異なれど、すべてのパブリックスピーキングに共通しているのは、聞き手に何らかの影響を与えたいという点です。 しかし、スピーチをする際、大体最初にすることは何でしょうか?ほとんどの人は、まず原稿を書き始めたり、パワーポイントに向き合うことからはじめます。

  • 2019年10月16日

外国人との円滑なコミュニケーションのコツ

日本人は、古くから言葉以外のもの(表情・ジェスチャーなど)に頼ってコミュニケーションをとってきた。だから、言語に強く依存してコミュニケーションをとる文化圏から来た外国人と話すときに誤解が生じやすい。日本人が外国人と話す時は、以心伝心に頼らないで、できるだけ思っていることを言葉で表すことが重要だ。

  • 2019年9月26日

グローバル人材に求められる能力「CQ」を高める4ステップとは?ー後編

外国人労働者を雇ったり、よりグローバルに海外でビジネスを展開しようとする時、文化の違いを乗り越え、結果ビジネスにプラスにするためには、摩擦を生じさせないような異文化間コミュニケーション能力、文化的知能指数「CQ」が求められている。すなわち、臨機応変に言語、非言語行動を変えていくスキルが必要だ。

  • 2019年9月15日

【全8回シリーズ:日本人初NYスピーチコンテスト優勝への軌跡】第5回ー合格した理由は「テスト」ではなく「プレゼン」

ワシントン大学留学中に知ったMBAに挑戦しようとした、入社4年目のこと。見事不合格で、翌年再度挑戦するも、補欠リスト入りとなってしまいました。そこで私が取った行動とは、面接官待ち伏せ作戦でした。

  • 2019年9月13日

グローバル人材に求められる能力「CQ」を高める4ステップとは?ー前編

よりグローバルに外国人を雇用したり、海外でビジネスを展開する場合、文化の違いによる誤解を避け、ビジネスにプラス影響させるためには、摩擦を生じさせない異文化間コミュニケーション能力、文化的知能指数「CQ」が求められる。より高いCQをマスターする4つのステップとは。。。

  • 2019年8月21日

人前で話す自信がない日本人がまず知るべき「So What?」

日本人が特に苦手意識を持ちがちなのが、人前で話すということ。ビジネスでは欠かせないこの行動がどのようなロジックで”苦手”と認識され、どのような考え方と行動で克服されるのか。日本人で唯一のプロフェッショナルスピーカー信元夏代の実例を踏まえて分かりやすくユニークに説明します。

  • 2019年8月11日

『20字に削ぎ落せ~ワンビッグメッセージで相手を動かす』の重版が決まりました!

7月5日の出版日から3週間弱しかたっていないというのに、すでに、「20字に削ぎ落とせ ワンビッグメッセージで相手を動かす」の重版が決まりました。ここには、巷の「1分」、「伝え方」、といったアプローチでは実はスピーチが上達しない「わけ」が、この20字本に凝縮されているから、でしょう。

  • 2019年8月7日

「20字に削ぎ落せ~ワンビッグメッセージで相手を動かす」日本全国ツアー終了!

7月5日に発刊となった、リップシャッツ信元夏代の著書「20字に削ぎ落せ〜ワンビッグメッセージで相手を動かす〜」出版記念として、6週間にわたり日本全国ツアーを行い、北は北海道から南は福岡まで、蔦屋書店や大垣書店、虎ノ門ヒルズ、その他全11か所でのイベントに加え、ラジオ収録3本、対面での個人コーチングが3件とZoomでの個人コーチングが2件、そしてミーティング約30件、さらにはワンオペで7歳の娘を連れて、日本の小学校へ体験入学をさせながら、ジムにも行くなど、アラフィフとは思えないであろうエナジーレベルで、精力的に濃密な6週間を過ごしました。

>「ブレイクスルースピーキング各種コース」

「ブレイクスルースピーキング各種コース」

文化や言葉の壁を越えてグローバルに活躍したい、すべての日本人のために。

CTR IMG