CATEGORY

異文化理解・異文化コミュニケーション

  • 2019年11月30日

日本の心を理解し説明する:「コップを壊しました」

西洋では「コップが壊れました」と言うところを、日本人は「コップを壊しました」と言う傾向が強い。「壊した」と言うことで謝罪の意味を込めているのだ。こういう謝罪を尊ぶ姿勢がもう少し世界に広がってもよいのではないか。それには日本人自身がその違いをはっきりと認識し、言葉で表し、説明する必要がある。

  • 2019年11月19日

日本の心を英語で伝えたい:なぜ日本人は「つまらないもの」と言うのか? 

日本人が贈り物を渡すときに使う表現「つまらないものですが」を外国人に翻訳する時には、「これは取るに足らないものなので、お返しの心配はいらない」と言えばよい。なぜなら「恩知らず」にならないように心がける日本人は、ついお返しをしたくなるので、そんな相手を気遣うのが本来の意味だからだ。何気ない日本語の裏側には、実は愛があふれている。

>「ブレイクスルースピーキング各種コース」

「ブレイクスルースピーキング各種コース」

文化や言葉の壁を越えてグローバルに活躍したい、すべての日本人のために。

CTR IMG