信元夏代について

PERSON

プロフィール

■ASPIRE Intelligence 代表
■Breakthrough Speaking 代表
■当メディア(信元夏代のスピーチ術)編集長・監修・著者

早稲田大学商学部卒業。ゼミ専攻は「異文化コミュニケーションとビジネス」。
ニューヨーク大学スターン・スクールオブビジネスにて経営学修士(MBA)取得。早稲田大学在学中にはミズーリ州セントルイス市のワシントン大学へフルスカラシップ 奨学生として1年間交換留学。1995年に渡米後、伊藤忠インターナショナル・インク (ニューヨーク)にて鉄鋼、紙パルプ業界の営業や事業開発に携わる。その後マッキ ンゼー・アンド・カンパニー(東京)にて戦略コンサルティング業務、アイズナー (ニューヨーク)でのマーケティング調査・分析・戦略設計の業務を経て、2004年に アスパイア・インテリジェンス社を設立した。同社を通して、精緻な調査から明晰な 分析、実行可能な戦略設計までをシームレスに行う「戦略コンサルティング」、そし て、その戦略を実行するための組織・チームの強化をお手伝いする「組織開発コンサ ルティング」のサービスを提供している。これまで、飲食品、生活用品、保険、製 薬、自動車、化学品、メディア、IT、ファイナンス、その他、幅広い業界を対象に、 多くのクライアントの戦略アドバイザーとして、ブランドとビジネスの戦略設計と実 現に寄与してきた。

2014年には、Breakthrough Speaking™ を立ち上げ、グローバルに活躍する日本人が、言葉や文化の壁を打ちやぶり、異文化の人々の心をも魅了するプレゼンを実現し、更にグローバル舞台でのプレゼンスを高めていくことができるよう支援している。

トーストマスターズインターナショナルの国際スピーチコンテストで、日本人初の地区大会優勝4連覇を果たしている。また、日本人で唯一のWorld Class Speaking認定講師。2015年にはTEDxWaseda Uにも登壇し、そのスピーチ”Living in the YES”は大きな反響を呼んだ。
過去の著書には、ブライアントレーシー氏との共著書、「The Success Blueprint」(英文)がある。2019年7月5日には、朝日新聞出版社より、「20字に削ぎ落せ~ワンビッグメッセージで相手を動かす」を出版。
プライベートでは、競技ラテンダンスのプロアマ全米ファイナリスト、一児の母、乳がんサバイバー。


略歴 2015年 ブレイクスルー・スピーキング創立
2004年 アスパイア・インテリジェンス創立
2002年 ニューヨーク大学スターンスクールオブビジネス卒業
2001年 マッキンゼー・アンド・カンパニー・ジャパン(東京)勤務
1995年~2000年 伊藤忠インターナショナル(NY)勤務
1995年 早稲田大学商学部卒業
1993年~1994年 ワシントン大学(St.Louis)交換留学
1991年 女子学院高等学校卒業
資格 World Class Speaking認定スピーチコーチ
ケン・ブランチャード SLII認定講師
日本英語検定協会 英検1級
受賞暦 トーストマスターズ国際スピーチコンテスト ニューヨーク州決勝大会準優勝(2019年)、NYディストリクト決勝ベスト8(2013年、2014年、2017年)
競技ラテンダンス プロアマ世界大会セミファイナリスト
趣味 競技ラテンダンス(プロアマ選手)
その他活動 TEDxWaseda U 2015年メインスピーカー

BOOK

著書

■本のタイトル:20字に削ぎ落とせ~ワンビッグメッセージで相手を動かす
■出版社:朝日新聞出版社

発売1週間前時点でアマゾンのビジネス新書カテゴリー1位を持続した著書。
マッキンゼーの戦略コンサルタントを経験し、 「8歳の語彙力」&あがり症の純ジャパながら ニューヨークのスピーチ大会を4連覇した 「ロジカル思考×ストーリー」で プレゼン・会議・営業・面接で“相手が動き出す"伝え方。

■URL: https://www.amazon.co.jp/dp/4023317985/
■本のタイトル:The Success Blueprint
■出版社:Celebrity Press

世界的権威者、ブライアントレーシーらとの共著本で、多角的な側面から、”Success”について語る。2016年アマゾンベストセラー

■URL: https://btspeaking.com/book-1.html

PUBLICATION

メディア掲載

2019年6月 ■メディア名:現代ビジネス
■記事タイトル:トヨタ社長のスピーチはなぜアメリカ人に大絶賛されたのか

トヨタ自動車の代表取締役社長・豊田章男氏が母校であるアメリカのバブソン大学にて行ったスピーチが話題を呼んでいる。5月18日の卒業式にゲストスピーカーとして登壇したものだ。何がアメリカ人の心をつかんだのか?
内容の紹介と共に、解説・分析を行っている。

■記事のURL: https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65476
2019年4月 ■メディア名:@Dime
■記事タイトル:世界で通用するプレゼンとは?自分の「当たり前」をブレイクスルーするヒント

グローバルな場でプレゼンやスピーチを行う場合、あなたの「当たり前」は果たして世界でも通用するでしょうか?!

■記事のURL: https://dime.jp/genre/692875/
2019年4月 ■メディア名:ヒューマンキャピタルオンライン
■記事タイトル:聞き手をひきつけるストーリー作りのコツ

ビジネスにおいて、商談であれ、商品デモであれ、社内ミーティングであれ、伝えたいメッセージを受け入れてもらえるよう、相手を説得する必要があります。しかし人が説得されるためには、頭で情報を理解しただけでは不十分で、心が揺れ動くことが必要です。つまり人は心が揺れると共感しやすいものなのです。

■記事のURL: https://project.nikkeibp.co.jp/atclhco/012400039/041800004/
2019年3月 ■メディア名:@Dime
■記事タイトル:「高コンテクスト文化」の壁をブレイクスルーする思考法

異文化、グローバル、海外、などと聞いた途端、「英語が苦手だから…」と考えてしまいがちです。しかし、グローバルリーダーとして、文化や言葉、価値観の異なる人たちにしっかり意思を伝え、理解してもらい、共に動いてもらうために必要な力は、実は「語学力」ではありません。
話す相手がたった1人でも、10人のチームでも、あるいは何百人の聴衆でも、彼らの心を捉え、共感してもらい、何らかの行動につなげることができるかどうか。つまり、言語が何であれ、相手に伝わり、相手を動かす異文化コミュニケーション術こそが、必要不可欠な力です。

■記事のURL: https://dime.jp/genre/676412/
2019年3月 ■メディア名:ヒューマンキャピタルオンライン
■記事タイトル:コーポレートストーリーへと進化させる3つの要素

ビジネスにおいて、事例紹介をストーリーへ、ストーリーをさらにコーポレートストーリーへと進化させ、相手を動かすところまで到達するにはどうしたらよいのでしょうか。

■記事のURL: https://project.nikkeibp.co.jp/atclhco/012400039/031300003/
2019年2月 ■メディア名:現代ビジネス
■記事タイトル:視点を変えただけで3億円を獲得した「最強の口説き方」の秘密

「スピーチというのは、一方的に話すことではありません。伝えたい内容がある前提で、『何を、どう伝えるか』なのです」そう語るのは、日本生まれの日本育ちながらアメリカのスピーチコンテストで3度も優勝し、現在プロスピーカーとして活躍する信元夏代さん。ビジネスの現場で、学校で、「誰かを口説き落とす」ことは「伝え方」次第だという。

■記事のURL: https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59726
2019年2月 ■メディア名:ヒューマンキャピタルオンライン
■記事タイトル:情報のエンターテイメント

インターネットやモバイル技術など、コミュニケーション手段が多様に手に入る今日、情報伝達は容易にできます。なぜ、生身の人間が特定の時間に特定の場所にわざわざ行って、話を聞く必要があるのでしょうか。 それは、「プレゼンは、聞き手をTALLにするもの」だからです。

■記事のURL: https://project.nikkeibp.co.jp/atclhco/012400039/022000002/
2019年1月 ■メディア名:現代ビジネス
■記事タイトル:アナウンサーのいじめと元官僚の拒絶で知った「プレゼン」の極意
一方通行では伝わらない

英語でアメリカ人相手にスピーチをして伝えられるなんて、すごい!と思われるかもしれません。ですが、私がいまプロのスピーカーとしていられるのは「英語力がすごい」からではありません。日本語でも英語でも、「伝える」ということには技術(メソッド)が必要で、そしてその技術があれば思っていることがきちんと伝えられるのです。

2019年1月 ■メディア名:現代ビジネス
■記事タイトル:純日本カルチャーで育った私がNYでスピーチ優勝者になれた理由
「英語だけやればいい」は間違いだった

日本人が英語でのスピーチに出場するだけですごい! と思いがちだが、実はもう5年以上前に、NYで行われるスピーチコンテストで3回優勝した日本人がいる。

それがNYでプロスピーカー&戦略コンサルタントとして活躍する信元夏代さんだ。

驚くべきは、彼女が生粋の「日本生まれ日本育ち」だということだ。ネイティブではない彼女が、数多いるネイティブスピーカーを押しのけて優勝し、今こうしてプロとして教えるまでに至ったのは何故なのか。そこには「英語の本当の学び方」のヒントも隠されていた

■記事のURL: https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59088
2019年1月 ■メディア名:ヒューマンキャピタルオンライン
■記事タイトル:「事例紹介」では相手は動かない

人は誰しも、情報ではなく“?ストーリー”にひきつけられるものであり、素晴らしいストーリーを下手に語るよりも、ごくごく単純なストーリーを素晴らしく語った方が、聞き手の脳裏に焼きつくものです。ストーリーは、TEDトークのような場面で語るもの。そう思う人もいるかもしれません。しかしストーリーの力は、実は、ビジネスプレゼンでこそ発揮されるものなのです。

■記事のURL: https://project.nikkeibp.co.jp/atclhco/012400039/012400001/

APPEARANCE

出演・登壇

2019年7月23日 ■開催イベント名:京都 大垣書店 20字に削ぎ落とせ~ワンビッグメッセージで相手を動かす 出版記念講演会
2019年7月22日 ■開催イベント名:福岡 蔦屋書店 20字に削ぎ落とせ~ワンビッグメッセージで相手を動かす 出版記念講演会
2019年7月11日 ■開催イベント名:Venture Cafe Tokyo NYで活躍中のTEDxスピーカー直伝:相手を動かす、ワールドクラススピーチ術
■URL:http://venturecafetokyo.org/event-calendar/#event=30136338
2019年7月6日 ■開催イベント名:Kayme lounge 20字に削ぎ落とせ~ワンビッグメッセージで相手を動かす 出版記念講演会
2019年6月25日 ■開催イベント名:BPiA 目からウロコの新ビジネスモデル研究会
■URL:http://b-p-i-a.com/
2019年5月18日 ■開催イベント名:トーストマスターズ ニューヨークディストリクト 春季カンファレンス
2018年8月24日 ■開催イベント名:シカゴ商工会議所 ブレイクスルーセミナー
2017年5月5日 ■開催イベント名:昭和女子ボストン グローバル人財シンポジウム
2016年6月 ■開催イベント名:グローバル人事塾 女性キャリアの新しい形
2015年7月 ■開催イベント名:ジャパンタイムズ「世界に通用するグローバルリーダーのスピーチ術」ワークショップ
2015年6月 ■開催イベント名:TEDxWasedaU
■タイトル:Living in the YES | Natsuyo Lipschutz | TEDxWasedaU
■URL: https://youtu.be/pzYrw7apHGc
>「ブレイクスルースピーキング各種コース」

「ブレイクスルースピーキング各種コース」

文化や言葉の壁を越えてグローバルに活躍したい、すべての日本人のために。

CTR IMG