MONTH

2019年9月

  • 2019年9月27日

【全8回シリーズ:日本人初NYスピーチコンテスト優勝への軌跡】第7回ー素晴らしい日本人に出会って

5年間のアメリカでの勤務経験を経て、積極的に自分から働きかけて手に入れたMBAの切符。にもかかわらず、ワシントン大学留学時に続いて二度目の挫折を味わってしまいました。そしてそれに追い打ちをかけるように起こったのが、911。でもその後、ある素晴らしい日本人と出会い、私はトーストマスターズに入会してスピーチを本格的に学び始めることになったのです。

  • 2019年9月26日

グローバル人材に求められる能力「CQ」を高める4ステップとは?ー後編

外国人労働者を雇ったり、よりグローバルに海外でビジネスを展開しようとする時、文化の違いを乗り越え、結果ビジネスにプラスにするためには、摩擦を生じさせないような異文化間コミュニケーション能力、文化的知能指数「CQ」が求められている。すなわち、臨機応変に言語、非言語行動を変えていくスキルが必要だ。

  • 2019年9月26日

コーチ冥利...

個人コーチングは、学校の面接に備えたいという学生さんから、コンサルタントの方、専門職の方、営業の方、大企業の社長さん、起業家の方まで、まさに様々な目的・タイトルの方々がいらっしゃるのですが、この夏、連続10週間以上にわたり、カプリンスキー真紀さんの個人コーチングをさせていただく機会に恵まれました

  • 2019年9月22日

『20字に削ぎ落せ』NY凱旋出版記念講演会、Inspire Talk NY大盛況のうち終了!

ニューヨークで開催されたインスパイアトークNY講演会ではブックライターの黒部エリさんとの対談、信元のレクチャーに続き、恒例の公開個人コーチングと盛りだくさんな内容でした。特に公開個人コーチングは、スピーチをその場で初めて聞いて、瞬時に的確なアドバイスを行うダイナミックなプロセスを生でご覧いただけるので1番盛り上がる部分です。

  • 2019年9月15日

【全8回シリーズ:日本人初NYスピーチコンテスト優勝への軌跡】第5回ー合格した理由は「テスト」ではなく「プレゼン」

ワシントン大学留学中に知ったMBAに挑戦しようとした、入社4年目のこと。見事不合格で、翌年再度挑戦するも、補欠リスト入りとなってしまいました。そこで私が取った行動とは、面接官待ち伏せ作戦でした。

  • 2019年9月13日

グローバル人材に求められる能力「CQ」を高める4ステップとは?ー前編

よりグローバルに外国人を雇用したり、海外でビジネスを展開する場合、文化の違いによる誤解を避け、ビジネスにプラス影響させるためには、摩擦を生じさせない異文化間コミュニケーション能力、文化的知能指数「CQ」が求められる。より高いCQをマスターする4つのステップとは。。。

  • 2019年9月8日

【全8回シリーズ:日本人初NYスピーチコンテスト優勝への軌跡】第4回-英語能力よりも、「伝える内容と力」

ワシントン大学留学中の冬休み、北米横断一人旅をしました。それが波乱万丈の旅行となり、自分から知らない人に英語で話しかけ、問題解決しなければいけない状況に置かれました。でもそれが実はブレイクスルーとなったのでした。

  • 2019年9月1日

【全8回シリーズ:日本人初NYスピーチコンテスト優勝への軌跡】第3回-英語できない?だから?

アメリカ留学中のある出来事をきっかけに、「色んな人たちと交流し、渡りあっていくのは『言語能力』だけじゃない」ということを実感しました。基本的な単語や文法はもちろん必要ですが、「英語の勉強だけ」では交流はできないのです。

>「ブレイクスルースピーキング各種コース」

「ブレイクスルースピーキング各種コース」

文化や言葉の壁を越えてグローバルに活躍したい、すべての日本人のために。

CTR IMG