信元夏代のスピーチ術メインビジュアル

ONE BIG MESSAGE
「20字で相手を動かせ」

文化や言葉の壁を越えてグローバルに活躍したい、すべての日本人のために。

ブレイクスルースピーキング代表 ”信元夏代” が編集長として運営する、
グローバル人財のための英語/日本語スピーチ・プレゼン総合メディアサイトです。

  • 2019年9月21日

ニューヨークの住人の約30%がスペイン語を話すと知っていましたか?

大都市ニューヨーク、ココで見えてきたのは、英語以外の言葉が日常的に飛び交っている現実。特に多くの移民の歴史を持つアメリカだからこそ体感できるスペイン語の世界。ダイバーシティだからこそ求められる異文化理解を言語の観点から書いています。

  • 2019年9月15日

【全8回シリーズ:日本人初NYスピーチコンテスト優勝への軌跡】第5回ー合格した理由は「テスト」ではなく「プレゼン」

ワシントン大学留学中に知ったMBAに挑戦しようとした、入社4年目のこと。見事不合格で、翌年再度挑戦するも、補欠リスト入りとなってしまいました。そこで私が取った行動とは、面接官待ち伏せ作戦でした。

  • 2019年9月13日

グローバル人材に求められる能力「CQ」を高める4ステップとは?ー前編

よりグローバルに外国人を雇用したり、海外でビジネスを展開する場合、文化の違いによる誤解を避け、ビジネスにプラス影響させるためには、摩擦を生じさせない異文化間コミュニケーション能力、文化的知能指数「CQ」が求められる。より高いCQをマスターする4つのステップとは。。。

  • 2019年9月8日

【全8回シリーズ:日本人初NYスピーチコンテスト優勝への軌跡】第4回-英語能力よりも、「伝える内容と力」

ワシントン大学留学中の冬休み、北米横断一人旅をしました。それが波乱万丈の旅行となり、自分から知らない人に英語で話しかけ、問題解決しなければいけない状況に置かれました。でもそれが実はブレイクスルーとなったのでした。

  • 2019年9月1日

【全8回シリーズ:日本人初NYスピーチコンテスト優勝への軌跡】第3回-英語できない?だから?

アメリカ留学中のある出来事をきっかけに、「色んな人たちと交流し、渡りあっていくのは『言語能力』だけじゃない」ということを実感しました。基本的な単語や文法はもちろん必要ですが、「英語の勉強だけ」では交流はできないのです。

  • 2019年8月25日

【全8回シリーズ:日本人初NYスピーチコンテスト優勝への軌跡】ー第2回「英語できるはず」が少しも話せない!

はじめてのアメリカ大学留学で、英語に自信があった私は一気に自信喪失し、部屋に閉じこもる毎日になってしまいました。唯一の救いはダンスでしたが、それでも、英語で人とコミュニケーションを取ることは避けてしまっていました。

  • 2019年8月21日

人前で話す自信がない日本人がまず知るべき「So What?」

日本人が特に苦手意識を持ちがちなのが、人前で話すということ。ビジネスでは欠かせないこの行動がどのようなロジックで”苦手”と認識され、どのような考え方と行動で克服されるのか。日本人で唯一のプロフェッショナルスピーカー信元夏代の実例を踏まえて分かりやすくユニークに説明します。

>「ブレイクスルースピーキング各種コース」

「ブレイクスルースピーキング各種コース」

文化や言葉の壁を越えてグローバルに活躍したい、すべての日本人のために。

CTR IMG