• 2019年8月10日

多様な人々が生きる街ニューヨークで感じる日本とNYの伝え方の違い

英語圏、特にアメリカに来てまず最初に抱くコミュニケーションにおける壁、そんなシチュエーションを分かりやすい実際の事例と共にご紹介します。旅行であっても、留学であっても、ビジネスであっても今日から使える意思疎通におけるポイントもまとめています。

  • 2019年8月7日

グローバル・パブリックスピーキング®とは?

魅力的な英語スピーチは語学力ではない?魅力的なスピーチを日本人がするにはどんなスキルが必要でしょう?グローバル・パブリックスピーキング®とは、語学力に頼ることなく言葉や文化の壁を打ち破り異文化の人々の心を魅了することができるスピーチスキル。お手本は、オリンピックで一躍注目されたあの有名なスピーチ「お・も・て・な・し」です。

  • 2019年8月7日

「20字に削ぎ落せ~ワンビッグメッセージで相手を動かす」日本全国ツアー終了!

7月5日に発刊となった、リップシャッツ信元夏代の著書「20字に削ぎ落せ〜ワンビッグメッセージで相手を動かす〜」出版記念として、6週間にわたり日本全国ツアーを行い、北は北海道から南は福岡まで、蔦屋書店や大垣書店、虎ノ門ヒルズ、その他全11か所でのイベントに加え、ラジオ収録3本、対面での個人コーチングが3件とZoomでの個人コーチングが2件、そしてミーティング約30件、さらにはワンオペで7歳の娘を連れて、日本の小学校へ体験入学をさせながら、ジムにも行くなど、アラフィフとは思えないであろうエナジーレベルで、精力的に濃密な6週間を過ごしました。

  • 2019年6月17日

【書籍紹介】「20字に削ぎ落せ~ワンビッグメッセージで相手を動かす」

この「20字本」こと、「20字に削ぎ落せ~ワンビッグメッセージで相手を動かす」(朝日新聞出版社)では、全米で5万人以上いるといわれるスピーカーの中でも、少数の先鋭部隊3500人が集まる全米プロスピーカー協会のプロフェッショナル会員である信元が、日本人のための勝てるプレゼン術をわかりやすく伝授しています。

  • 2019年6月16日

【第4回】「言葉と文化の壁を越えるソリューション」

「同じ人間なんだから根っこは一緒」と思うかもしれませんが、グローバルビジネスに携わっていると、根っこは意外と一緒ではないのだな、と思わされることも少なくありません。文化の違いは、価値観の違い、コミュニケーションや考え方の違いなどに大きく影響します。

  • 2019年6月14日

【第2回】「スピーチはマーケティング戦略に似ている」

英語でも日本語でも、相手に影響を与える「聞き手視点」のスピーチを実現するのにマーケティングの手法が有効です。【第2回】「スピーチはマーケティング戦略に似ている」では、聞き手に何かベネフィットを持ち帰ってもらうために必要な原稿準備のポイントをご紹介します。

  • 2019年6月13日

【第1回】「英語スピーチの上達を目指す方が最初に知っておくべきこと」

ニューヨーク大学でのMBA取得で留学中、自己紹介で頭が真っ白になっていた私が、ニューヨーク州のスピーチコンテスト決勝戦で準優勝するまでに成長したのは英語力を鍛えたからではなくマッキンゼー・経営コンサルタントで使う、思考法を鍛えることだった。

  • 2019年6月12日

【全4回】相手を動かすスピーチの基本

異文化、グローバル、海外、などと聞いた途端、「英語が苦手だから…」と考えてしまいがちです。グローバルリーダーとして、文化や言葉、価値観の異なる人たちにしっかり意思を伝え、理解してもらい、共に動いてもらうために必要な力は、実は「語学力」ではありません。言語が何であれ、相手に伝わり、相手を動かすグローバル・パブリックスピーキング術こそが、必要不可欠な力です。 そしてこのグローバル・パブリックスピーキングの技術は、何も英語で、異文化の人に向けて話す場合だけに限りません。同じ日本人でも、性別、世代、職種、地域、役職、家庭環境…などによって価値観は大きく異なります。

>「ブレイクスルースピーキング各種コース」

「ブレイクスルースピーキング各種コース」

文化や言葉の壁を越えてグローバルに活躍したい、すべての日本人のために。

CTR IMG