信元 夏代
AUTHOR

信元 夏代■編集長・監修・著者

ASPIRE Intelligence 代表
Breakthrough Speaking 代表

<主な実績>
トーストマスターズ・インターナショナル国際スピーチコンテストNYC地区大会優勝(在米日本人唯一の5連覇)
在米日本人唯一のWorld Class Speaking認定講師

<主な著書>
「20字に削ぎ落とせ ワンビッグメッセージで相手を動かす」(朝日新聞出版)韓国語版、台湾版も刊行
「ストーリーに落とし込め 世界のエリートは自分のことばで相手を動かす」(フォレスト出版)
「The Success Blueprint」(ブライアントレーシー氏との共著の英語著書)

<経歴>
早稲田大学商学部卒。ゼミ専攻は「異文化コミュニケーションとビジネス」。NYUにてMBA取得。1995年に渡 米後、伊藤忠インターナショナルにて鉄鋼、紙パルプ業界の営業・事業開発、マッキンゼーに て消費財マーケティング・事業プロセス改革などの業務、アイズナー (ニューヨーク)でのマーケティング調査・分析・戦略設計の業務に携わった後、2004年に、事業戦略コンサルティング会社アスパイア・インテリジェンス社を設立。 2014年、Breakthrough Speaking™ を設立。グローバルに活躍する日本人が、言葉や文化の壁を打ちやぶり、異文化の人々の心をも魅了するプレゼンを実現し、更にグローバル舞台でのプレゼンスを高めていくことができるよう支援している。 2015年TEDxWaseda Uに登壇、スピーチ”Living in the YES”は大きな反響を呼んだ。
2021年6月、全米プロスピーカー協会ニューヨーク支部の理事、そして初代グローバルアウトリーチ・ディレクターに就任。
トーストマスターズ・インターナショナル国際スピーチコンテストNYC地区大会優勝者(在米日本人唯一の5連覇)、在米日本人で唯一のWorld Class Speaking認定講師
著書には、「20字に削ぎ落とせ ワンビッグメッセージで相手を動かす」(朝日新聞出版)や、「ストーリーに落とし込め 世界のエリートは自分のことばで相手を動かす」(フォレスト出版)がある。「20字に削ぎ落とせ」は韓国語版、台湾版も刊行。
英語著書にはブライアン・トレーシー氏との共著書、「The Success Blueprint」がある

>>プロフィールの詳細

  • 2021年6月16日

グローバルに活躍するために必要なたった一つのマインドセット

「日本人」、「ノンネイティブ」という枠を超え、グローバルに活躍していくために必要なのは、たった一つのマインドセットです。 信元編集長が、パンデミック後初の対面式カンファレンス登壇を果たし改めて確信したこととは?重大発表と共にお伝えします。

  • 2021年4月10日

スピーチコンテスト出場のススメ~自分にしか語れない、聞き手を動かすストーリーを作るコーチングとは?

春はトーストマスターズのスピーチコンテストのシーズン真っ盛りです。私も2013年から出場し続けていると同時に、多くのコンテスタントの方々のコーチングもしています。 コンテストに出場し続ける意義とは?そして、コンテスタントにどのようなコーチングをしているのか?通常のオンライン・プレゼンとはまた少し異なる、オンライン・コンテストならではのコツとは?

  • 2021年3月10日

海外とのオンライン商談で相手を動かす~日本人が陥りやすい5つのパターンと改善方法

新型コロナ感染拡大の影響を受けて、これまで海外の展示会に出展していた日本企業も、オンライン商談を行う機会が急増しています。オンラインによる商談では、言葉の壁があるだけでなく、対面以上に海外バイヤー等へ意図が伝わりづらいため、プレゼンの仕方にも対面とは異なるコツが必要です。今回のコラムでは、日本人が陥りがちな英語オンラインプレゼンの失敗パターンとその改善点について解説します。

  • 2021年2月7日

海外への販路拡大に光明!中小企業が活用した、オンライン戦術とは?

「ストーリー戦略」は、今や世界のビジネスの新常識となっています。「共感」がリーダーシップのキーワードになっている現代において「正しさ」だけでは人は動かないからです。一方で、日本企業ではまだ自分の言葉でメッセージを語るトップリーダーが少ないのが現状です。そんな中、こんなオンライン戦略に取り組む企業が出てきています。

  • 2021年1月14日

Withコロナの今こそ身につけたい話し方、世界標準のグローバル・パブリックスピーキングとは?

パンデミックが続き、予期せぬ環境変化が著しい現在、コミュニケーションにおいても急速なオンライン移行が進み、これまで以上に、『意思疎通が難しい』、『相手に伝えたいことが伝わらない』、といった課題に直面しているビジネスパーソンも多いようです。でもこんな時こそ、コミュニケーション力を進化させるチャンスです。 不確実性の高まりが進む今こそ、環境や状況に左右されず、相手に「伝わり」、「動かす」伝え方を実現する”グローバル・パブリックスピーキング®”を体系的に身につけておくことが、2021年の皆さんの成功を大きく左右することでしょう。

  • 2020年12月13日

英語で学ぶビジネス特化型スピーチ&プレゼントレーニング教材のご紹介

『The Art of Persuasive Speaking in Global Business』は、ニューヨークを拠点にプロスピーカーとして活動する、ブレイクスルー・スピーキング代表のリップシャッツ信元夏代が、グローバルコミュニケーションスキルを磨きたいリーダー向けに、英語で開発した、自己学習型オンラインプログラムです。グローバルなビジネスにおける、英語スピーチ&プレゼンを、生きた英語でトレーニングできる、この自信作の教材の全貌を徹底解説します!

  • 2020年11月30日

世界のトップリーダーはみな語っている!ストーリーがビジネスにもたらす効果とは?

 多くのビジネスパーソンは、自分の体験したことや、自分の身に起こったことを他人にシェアすることはあまりないかと思います。そんなことは個人的なことであって、語るに足りないことであると考えているかもしれません。しかしそこにこそストーリーの鉱脈があるのです。ストーリーテリングは、なにも天才的な起業家やビジネス界のレジェンドが語れるものではなく、あらゆるビジネスパーソンのなかに内在しているものです。そしてストーリーテリングは自分の内側を掘りさげていく作業です。本記事では、ビジネスリーダーにとって、ストーリーはなぜ重要なのか、どんな効果をもたらすのかについてお話します。

  • 2020年11月20日

プレゼンにジョークは禁物!ユーモアとジョークの違いとユーモアを引き出す3ステップ

ビジネスの場において、情報のエンターテイメントであるスピーチ・プレゼンには、ユーモアは大切です。でも、実はジョークは避けるのが得策です。なぜでしょう?そしてユーモアとジョークの違いは何でしょうか?ビジネスでのスピーチ・プレゼンで、どうやってユーモアを生かせばいいのでしょうか?

  • 2020年11月14日

ストーリーの力を最大限発揮したステーシー・アブラムスのスピーチ徹底解析

アメリカ次期大統領バイデン氏が、副大統領候補を選定する際候補に挙がっていた、ある黒人女性の政治家が脚光を浴びています。 2019年、トランプ米大統領の一般教書演説を受けて、民主党の代表として、反論演説を行った際の彼女のスピーチは、まさにストーリーの力を戦略的に組み込まれた素晴らしいものでした。ブレイクスルースピーキングで提唱する「6つのC」に沿って徹底解説します。

  • 2020年11月7日

米国プロスピーカーが振り返る!ヒラリーとマケイン過去の名敗北宣言

ようやく終わりが見えてきた、アメリカ大統領選2020。開票が全部終了し、勝者が決まると、必ず次期大統領が勝利宣言を、敗者は敗北宣言(英語ではConcession Speechと呼びます)を行います。 これまでで私の在米生活の中で最も印象に残っている2つの敗北宣言について、解説します。

>「ブレイクスルースピーキング各種コース」

「ブレイクスルースピーキング各種コース」

文化や言葉の壁を越えてグローバルに活躍したい、すべての日本人のために。

CTR IMG