【全2回シリーズ:スピーチの要はストーリー】第1回-メッセージはストーリーで伝える

「信元夏代のスピーチ術」編集長 信元です。

メッセージはストーリーで伝える

スピーチの成功はストーリーにかかっている

ストーリー、ストーリー、ストーリー!!

スピーチの達人たちは口をそろえてこういいます。

例えばパブリックスピーキングの大御所コーチであるパトリシア・フリップは、ストーリーが持つ力について次のように語っています。

“People resist sales presentation. But nobody can resist a good story…well told. A trivial story well told is much more memorable than a great story poorly told”

また、1999年の国際スピーチコンテスト世界大会優勝者であるクレッグ・バレンタイン氏も、コーチングをする際必ずクライアントに尋ねるのは次のことだそうです:

“Forget about your speech for a moment. Tell me your story.”

人は誰しも、情報ではなく”ストーリー”に惹きつけられるものであり、素晴らしいストーリーを下手に語るよりも、ごくごく単純なストーリーを素晴らしく語ったほうが、人の脳裏に焼きつくものです。

ビジネス・プレゼンテーションもやはり「ストーリー」が要

それはビジネスにおけるプレゼンテーションでも同様です。

  • 自社の商品やサービスをアピールし顧客を説得したい場合。
  • 新たなコンセプトを理解してもらいたい場合。
  • 社員全体の士気アップや意識改革、行動喚起を行いたい場合。
  • 自社のビジョン・ゴールを投資家たちに伝えたい場合。

…などなど、データや数字、理論などの「情報」はなかなか心に刺さりませんが、伝えたい情報をストーリーに載せて伝えることで、途端にメッセージが生き生きと立体感を持って感じることができるようになり、ワクワクドキドキを体感したりしながら共感するのです。

だからこそ、記憶に残りやすく、腹落ちしやすくなるのです。

ストーリーは、聞き手の興味をかきたて、情緒的にコネクトし、理解を頭から体に落とし込み複雑な内容もシンプルに説明することが出来、そして学びをも引き出す力を持っているものなのです。

スピーチの成功はストーリー作りにかかっているといっても過言ではありません。

>「ブレイクスルースピーキング各種コース」

「ブレイクスルースピーキング各種コース」

文化や言葉の壁を越えてグローバルに活躍したい、すべての日本人のために。

CTR IMG