フィードバックを欲しがる沈黙嫌いのアメリカ人

何も言われないより悪口のがいい?!

「悪くてもよくてもいいから、フィードバックがアメリカ人にはとにかく一番大事。日米異文化間では特にそうだ」

日本人の多くは、相手にとってネガティブな内容だと遠回しに言ったり、空気を読んでほしい、と願ったりするもの。しかし、多くのアメリカ人は、空気を読むという技を持っていないので(最近はそういう人もいますが)、

「ネガティブな内容でも直接言われた方が、まったく何も言われないよりも嬉しい」と、教えてくれたのは、異文化コミュニケーションの専門家で、日米ビジネスコンサルタントのポール・ジャフィー氏だ。

例えば、交渉ごとをして、日本側からメールの返事がさっぱりこない場合、普通、アメリカ人はストレスがたまる。自分に何か非があったのではないか、問題があったのではないか、などと気を揉む。

一方で、日本人側の事情としては、資料をそろえていたり、英語を書くのに手間取ったりなど、しばらく返事がなおざりになることがある。

しかし、こういう場合でも、アメリカ人に対しては、日本人の方から、ありのままに「準備をしているので、正式な返答はしばらく時間がかかりそうだ。英文を書くのも一苦労だし。。。」などと、一言簡単なメールをしてあげると、コミュニケーションがスムーズに運ぶようだ。

アメリカ人と沈黙

アメリカ人は、一般的に「沈黙」に対する考え方が日本人とは違うので、「返事が来ない=問題の発生」と短絡的に考える度合いが強いようだ。

沈黙は、アメリカ人にとっては否定的にとられる傾向にある。普段の会話や、会議でも黙っていると印象がよくない。もし聞き手がアメリカ人なら、プレゼンの後は、いいも悪いも含めて、彼らは必ず何か言ってくるだろう。

一方で、日本人は、黙っていることは特に悪いことではないと考える。なので、素晴らしいプレゼンに対しては「文句のつけようがない」というニュアンスで意図的に黙っていたりする。これがアメリカ人に対しては誤解の原因となる。

言うべきか言わざるべきか

日本人上司とアメリカ人部下との普段のコミュニケーションにも、こういうことが当てはまる。「こんなこと特に言わなくても。。。」と思えるような内容でも、黙っていないで、日本人が、アメリカ人に常にフィードバックをしてあげることは、とても大切なことだ。

アメリカ人従業員の間で、フィードバックと離職率の関係を調べたある実験によれば、悪いフィードバックを常にしていたグループと、まったくフィードバックをしなかったグループでは、前者の方がはるかに離職率が低かったそうだ。

つまり、アメリカ人とうまく付き合うには、良きも悪しきも、とにかく何かフィードバックをしてあげることがとても大切だということになる。

逆に、何もフィードバックをしなければその人は辞めてしまうかもしれない。もし、辞めてほしい社員がいたら、何も言わなければ自然と辞めていくのかもしれない。これは日本人にとってはとても簡単なやり方だ。一方で、日本人の沈黙に対する考え方を、普段からアメリカ人に伝え、説明しておくと「転ばぬ先の杖」になるだろう。

>「ブレイクスルースピーキング各種コース」

「ブレイクスルースピーキング各種コース」

文化や言葉の壁を越えてグローバルに活躍したい、すべての日本人のために。

CTR IMG