誤解を生みやすい日本人のストレートすぎる英語

日本人の英語はストレート過ぎる。普段はあんまりしゃべらないのに、しゃぺったと思ったら、いきなり無礼な言い方。いくらなんでもあの言い方はないだろう。。。アメリカ人たちが言っている日本人への陰口のひとつだ。

ちょっとした一言が招く誤解

そう言われてみると、思い当たる節が。。。

自分もかつて、アメリカ人は皆オープンでフレンドリーだと勘違いしていた時期があった。アメリカに留学してしばらくたち、熱心にボランティア活動に勤しんでいた頃、相手側の反応が喜ばしくなかったので、アメリカ人の親友に相談してみた。すると彼は率直にこう言ってくれた。

「そういう言い方を繰り返してると評判悪くなるよ」

彼は何時間にもわたって私の話を聞いた後、手取り足取りいろんな英語表現を教えてくれた。まず、キャンパス英語とビジネス英語は違うことや、何か人にものを頼むときは、”Can you” ではなく、”Could you …?” で始めた方が良いことや、”Do you know〜” だと子供扱いしているようなので、”Did you know〜” の方が感じが良いことなど、英語にも敬語があることを説明してくれた。

私だけではない。こういうのは米国留学経験がある日本人男性に多いパターンらしい。場所や人間関係をわきまえず、例えば、交渉場面で、顧客であるアメリカ人側がすごく丁寧な言い方をしているのに、なんでも、”Yeap!”と答えたり。。。

赴任したての日本人駐在社長の実例もある。アメリカ人秘書に「コーヒーいかがですか」と聞かれて、”No, thank you.” と応えればいいものを、”No.” だけで毎日済ませていた。この秘書さん、ある日突然「辞める」と言い出した。日本ではこんな社長の態度は問題にならない。しかしアメリカでは「人はみな平等」という概念はとても重要だ。部下と言えども同じ人間。敬意をこめた Thank you の一言がないと、何か奴隷扱いしているように誤解されてしまうのだ。

反論する時の好印象な言い方

他にも、反論するときの悪い例。
“That’s not right.” “You are wrong.”
式のストレートすぎるリアクション。。。

このようなぶっきらぼうな言い方だと、相手が憤慨しても仕方ない。

もし仕事ができるアメリカ人だったら、

“I understand the point you are trying to make, but I see things from a different view. My background is …., Here is some point I feel also important….”

と、かなり丁寧かつ謙虚な言い方をするものだ。ちょっと長ったらしいと感じるかもしれないが、センテンスが長ければ長いほど、人は丁寧だと感じる、というリサーチがあり、社会言語学の教科書に載っていた。

内容をストレートに伝えることと、表現がストレートであることとは違う。内容は、かなり直接的だけど、表現はかなり婉曲的にするのがアメリカビジネスシーンでよく見かける手法だ。これを活用すれば、より厚い信用が得られる。

でも、よく考えると、日本語にも同じことが当てはまる。日本人同士が意見を交換するときに、こんな感じに相手を気づかって、ちょっとまわりくどく言わないだろうか。要するに、日本でやっていることそのまま実行すればいいのだ。こう考えれば、心理的な壁が少しでも低くなるだろう。

失敗を恐れるな!

だからと言って、間違いを恐れて何も言わない、というのは考えものだ。間違ったら、素直に謝ればいい。そして、説明すること。そもそもそれは間違いではなく、習慣が違うだけで、お互いの理解が不足しているだけかもしれない。

人って、ヘタに「同じ」だと思うから違和感を感じた時、誤解したり、腹が立つ。お互いの文化背景が「違う」ことを認め合えば、逆に分かり合える。「違いを知る間違い」こそが、英語がうまくなるコツであり、相互理解の始まりだ。間違いをすればするほど、その表現が自分の血となり肉となり、サバイバル・コミュニケーション能力も自然と高まるものだ。

かの元シアトルマリナーズのイチロー選手も、「近道をしたら深みがでない。無駄なことって結局無駄じゃない。遠回りすることが一番近道」だと語っている。

一番の問題は、気づかないこと。しかし、多くの日本人は、言語に頼らないコミュニケーション能力が高い。そういう自分の直感を信じて、何かおかしい、と感じたら、勇気を出して周りの人に聞いてみることも大切だ。

>「ブレイクスルースピーキング各種コース」

「ブレイクスルースピーキング各種コース」

文化や言葉の壁を越えてグローバルに活躍したい、すべての日本人のために。

CTR IMG