【第3回】「人前で話す恐怖を克服!」

「相手をカボチャと思え」では、聞き手に伝わらない

 

「人前で話すのは得意じゃないんです」「大勢の前で話すと、あがってしまうんです」

そういう苦手意識がある方も多いのではないでしょうか。そういう悩みの解決法で、よくいわれるアドバイスが、「聞き手をカボチャと思え。そうすればアガらない」というセリフですよね。

しかしながらこれはスピーチ/プレゼンでは絶対にしてはならないことなのです。

なぜなら相手がモノであれば、あなたが一方的に語りかけているだけになるからです。そうです、「自分視点」です。

カボチャだと思ってしまうと、自分の世界にこもって、なにも聞き手に伝わらなくなるのです。

相手とつながって感情をキャッチボールしながら、相手の心と頭を動かすというのがスピーチ/プレゼンの要です。カボチャが相手では動いてくれません。

 

一人一人の聞き手とつながることで、人前で話す恐怖を克服

 

プレゼン / スピーチでは、一番大事なのが、聞き手と感情のキャッチボールをすることなのです。

もうお分かりですね。「聞き手視点」です。聞き手とつながれば、人前に立ってみんなの目が自分に向けられている!!!という恐怖が薄れてきます。聞き手とつながりやすくなるためには、「かぼちゃ」ではなく、一対一の対話が同時多発的に発生している、と考えましょう。

だって誰か一人とカフェで話したりするのは緊張などしませんよね?

それが一度にたくさんの人とできてしまうスーパーパワーが身についたのだ!そう考えると、少し楽しくなってきませんか?

相手を動かすスピーチの基本

この記事の内容1 日本と英語、言葉と文化の違い1.1 日本は「察しの文化(高コンテクスト文化)」1.2 英語は「言葉の文化(低コンテクスト文化)」2 言葉と文化の壁を越えるソリューション2.1 「低コンテクスト」を心がけ、論理的かつ含みのな[…]

【第4回】「言葉と文化の壁を越えるソリューション」

<動画>リップシャッツ信元夏代「人前で話す恐怖を克服!」

>「ブレイクスルースピーキング各種コース」

「ブレイクスルースピーキング各種コース」

文化や言葉の壁を越えてグローバルに活躍したい、すべての日本人のために。

CTR IMG