“None of Your Business”の訳から学ぶ異文化コミュニケーション

“That’s none of your business!”
これを、あなただったら、どう訳すだろうか?

アメリカに来たばかりの頃、在米歴の長い先輩に、
「アメリカでは、日本と違って、That’s none of your business! 『そんなの余計なお世話。あんたにゃ関係ないだろ』ってハッキリ言っていいのよ」
と、よく言われた。

でも、はたして、それで本当にいいのだろうか?
話者に、怒りが感じられたら、この直訳でいいだろう。しかし。。。

これを経験豊富なプロの通訳は、こう日本語に置き換えた。
「その件についてはご心配いりませんよ」

なんと心優しい日本語訳だろうか!
同じ表現なのに、まるでニュアンスが違う。
こう言われたら頭にくることはないだろう。
この手の勘違いを私たちはしていないだろうか?

気配り欠くストレート過ぎる英語

特にビジネスの世界で成功しているアメリカ人は予想以上に丁寧で礼儀正しい。余計なことは言わないし、たまに、少しまわりくどい言い方をする。この人、中身は日本人かな? と思えるような人もいる。でも、毅然としていて、自分の意見は、求められればハッキリと言う。要するにTPOをわきまえているのだと思う。

こういう隠された側面も知らずに、言外に含まれるニュアンスが汲み取れず、直訳、文字面、表面上だけで解釈した勘違いやステレオタイプをそのまま鵜呑みにしてしまい、挙げ句の果てに「アメリカ文化はこういうもの」と決めつけていないだろうか?

「日本人の英語はストレートすぎて、たまに、かなり失礼」と多くのアメリカ人はひそかに思っているようだ。理由は、どうもこの辺の勘違いにあるらしい。

増えてきた日本の気配りを羨むアメリカ人

実は、アメリカ人の中には、日本人の融和性を羨ましく思う人も結構いる。確かに、自己主張が強い人や、歯に衣着せぬ発言が痛快な人もいるだろう。一方で、少しでも日本文化を知ってしまうと、自分たちの文化が恥ずかしいと思うアメリカ人もいるのだ。例えば、ディベートでよく見かける激しい対立的なものの言い方を、心のどこかで苦々しく思っている人たちは少なくないのだ。少なくとも私の周りにはそんなアメリカ人が多い。それを知った時、正直、驚いた。アメリカの表面上のイメージとか、ステレオタイプを、自分はただ素直に信じていただけだったからだ。かつて私は、

『英語はストレートに表現しなくてはいけない』
『英語には敬語表現がない』

という思い込みがあった。ー英語は、なんでもかんでもストレートに言えばいいってもんじゃない。率直には言うが、相手を傷つけないように相手を気遣う表現をするのだ、と分かったのはかなり後になってからだ。

日本人らしい英語で独自性を表現

ネイティブスピーカーが話すような英語は、どうせ話せるわけがないのだ。さらに言えば、そのように話す必要もない。そんなことは相手も求めていない。ちょうど日本にいる外国人に完璧な日本語を要求しないのと同じように。。。

アメリカに住んでいて、日本人以外の外国人が、間違いやアクセントはあるものの、実に説得力を持って堂々と人と渡り合っているのを見る時、英語は国際コミュニケーションツールなのだ、と思い知らされる。特に日本にいて英語を操る場合は、この役割を果たせばよいのではないか。

逆に、失礼となることを恐れて何も言わないのも困る。そうではなく、日本人らしさを残しながらきちんと英語で自分を表現できること。変に迎合しないで、状況に応じて、自分らしさや、日本人として誇りを持ち、気持ちを豊かに言える人。これから求められる真の国際人とは、そんな磨かれた人間力ある姿なのでは?

>「ブレイクスルースピーキング各種コース」

「ブレイクスルースピーキング各種コース」

文化や言葉の壁を越えてグローバルに活躍したい、すべての日本人のために。

CTR IMG