日本の心を英語で伝えたい:なぜ日本人は「つまらないもの」と言うのか? 

「つまらないもの」なら欲しくない?!

「これ、つまらないものですが。。。」

と言って、アメリカ人にお土産を渡した所、

「なんでつまらないと言うのですか? 自分のギフトに自信がないんですか?」

とか、ちょっと日本のことを知っている人なら

「全然つまらないものじゃないですよ。そういうのを日本の謙遜と言うのですか?」

とか、中には、

「つまらない、と言うなら、もっといいものをくれればいいじゃないですか?(笑)」

と言われた、そんな経験はないだろうか?

英語で「つまらないもの」を表現すると。。。

英語で、この「つまらない」という心を伝えたくても、なかなかしっくりくる表現が見当たらない。なので、私のようにアメリカに長く住んでいると、アメリカ流に、

「これすごくおいしいんですよ。きっとお好きだと思いますので、召し上がってみてください」

I thought this was so tasty. I am sure you will like it.

などと、アメリカ流に英語からの直訳で、日本人に対してもつい言ってしまう自分に気づく。

 この表現は、長年アメリカに住む日本人だったら、気持ちを理解してもらえそうだが、日本に一時帰国した時、同じことを言ってしまうと、ちょっと変な人、と思われてしまう。

 しかし、「つまらないもの。。」と言う言葉の裏側には、謙虚な姿勢を示すためだけでなく、本当は別の理由があると、国語学者の金田一春彦さんは語る。

 日本人は、古来から、何か好意を受けたらそれをいつまでも覚えていて、将来それに対して報いをしなければならない、と考えます。日本人は、だから、「先日はありがとうございました」というようなお礼の言葉を述べます。以前に何か好意を受けたことを、その次に会った時に必ず話題にするのです。もし、それを忘れていると「恩知らず」と言われます。

 なので、お礼の言葉を述べるだけでなく、その好意に相当するお返しをしようと思うのだ。

 だから、こういう習慣が発展すると、何か贈り物をすることイコール何か見返りを期待すること、と解釈されてしまう恐れが出てくる。そこで、相手にそんな負担をさせないために、贈り物を持って行く時には、

「これは、とるに足らないつまらないものだ。だからあなたは私にお返しをしなくてもいいのだ」

と言わないではいられない気持ちになる。

「つまらないもの」というのは、実は、「お返しの心配のいらないものだ」という言葉の代わりだったのだ。

 つまり、相手に対する思いやり、愛の心から出た言葉なのだ。これをもし、あえて、英語で言うなら、こんな感じでどうだろう。

“There is no need at all for you to concern yourself with giving me anything in return.”

「ありがとう」よりも「すみません」

 他にも、いろんな例が見受けられる。例えば、バスで席を譲ってもらったおばあちゃんは、「ありがとう」と言うよりも「すみません」と言う人が多いだろう。これに対しアメリカ人だったら、なぜ謝るのか、と不思議がる。しかし、このおばあちゃんの心理はこうだ。

「もし、私がこのバスに乗ってこなければ、あなたは、いつまでもそこに座っていられたでしょう。私が乗ってきたばかりにあなたがお立ちになるということで、あなたにご迷惑をおかけするでしょう。これは申し訳ありません」

という想いから出た言葉なので、「ありがとう」ではなく、「すみません」なのだ。

日本人が、アメリカ人が「ありがとう」と言うべきと思う場面で、「すみません」と言ってしまったり、価値あるものでもあえて「つまらないもの」と表現するのは、こういう愛の心がいつも裏側にあるからだと思う。

>「ブレイクスルースピーキング各種コース」

「ブレイクスルースピーキング各種コース」

文化や言葉の壁を越えてグローバルに活躍したい、すべての日本人のために。

CTR IMG