バーチャル登壇の機会が多い方にお勧め。〇〇で自宅を一瞬でスタジオに。

「信元夏代のスピーチ術」編集長 信元です。

私はアメリカでプロフェッショナルスピーカーとして活動していますが、新型コロナウイルスによる影響で、外出規制が始まった週はじめの3月16日のリアル登壇を最後に、すべてのイベントがキャンセルまたはバーチャル化しました。11月に予定されていたフロリダでの登壇イベントまでバーチャルに切り替わり、当面、あるいは今後もバーチャル登壇の機会が増えてくるのだろうな、と感じています。

私のマンハッタンのアパートのビル内には、居住者が使えるビジネスルームがあるため、通常登壇はその部屋から行っています。

が、居住者たちがほぼ在宅勤務という状況だと、ビジネスルームを他の人と共有することもあり、一方で、自宅の部屋の中だと生活感が見えてしまって登壇には向かない…さらに、ビジネスルームだと、有線でオンラインにつなげず、Wifiのみとなってしまうため、ネット環境の安定性が若干不安。

Certified Virtual Presenterの認定も受けたことだし…

関連記事

「信元夏代のスピーチ術」編集長 信元です。 先日、300人規模のバーチャルイベントでのハプニング発生!のお話をしました。 バーチャル登壇のハプニング [sitecard subtitle=関連記事 url=https://nats[…]

自宅を一瞬でスタジオ化する〇〇とは…

ついに断念して、グリーンスクリーンデビューすることにしました。

日本語だとグリーンバック、とも言うのでしょうか。英語だとGreen Screenです。

グリーンスクリーンとは、文字通り、緑色の背景のことです。Zoomでバーチャル背景という機能がありますが、基本的に私はバーチャル背景は好んで使いません。なぜなら、こちらの記事でもお話しした通り、少しでも動くと輪郭がファジーになったり、体の一部が背景の中に消えて行ったり…という状態になってしまうからです。

関連記事

「信元夏代のスピーチ術」編集長 信元です。 ニューヨークでは自主ロックダウン生活が約2か月となりました。「New Normal」と言われていますが、働き方、チームワークの取り方、コミュニケーションの取り方、多方面で、新たな手法に慣れて[…]

でもそれを防ぐことができるのが、グリーンスクリーンなんです。

ZOOMのバーチャル背景は、緑色の背景、つまりグリーンスクリーンに照明が均一に当たっていると、キレイに映し出すことができます。とはいえ、やはり輪郭は若干ファジーになりますが、グリーンスクリーンがあるのとないのとではだいぶ印象が違います。

といっても、一般の人たちはグリーンスクリーンはもっていませんよね。私も持っていませんでした。

でも、バーチャルイベントへの登壇、バーチャルミーティング、そしてZoomによる個人コーチングのセッションなども含め、毎日何かしらのバーチャルな機会があるので、今回、思い切って購入してみました。

ベッドの下においておけるコンパクトサイズ

自動折り畳み式グリーンスクリーン
自動折り畳み式グリーンスクリーンは、長さはありますが、こんな細いケースに収まってしまいます。ベッドの下にすっと入る大きさです。
自動折り畳み式グリーンスクリーン
ケースを開けて、取っ手を引っ張るだけで、一瞬のうちにグリーンスクリーン登場!組み立ても必要ありません
自動折り畳み式グリーンスクリーン
後ろはこんな風になっていて、組み立てる必要もなく、引っ張り上げた高さできちんと固定され、しまう時はただ上から押し下げるだけ。

これで、ベッドルームでも、散らかった部屋でも、あっという間にホームスタジオの出来上がり!

気になるビフォア・アフターは…

■ビフォア

グリーンスクリーンを使わないと、手が宇宙の中に…;;;

■アフター

グリーンスクリーンを使うと、くっきりはっきり映ります!

もちろん、引き続き、グリーンスクリーンなしの実際の背景を使用することをお勧めしますが、どうしても、散らかった部屋の中でバーチャル登壇をしなければいけない…という時は、グリーンスクリーンを使用したうえでのバーチャル背景がおすすめです。登壇の機会の多い方には是非!

購入したのはこちらです。約2万円。すでにSold Outになっていました…!

Emart Green Screen, Collapsible Chromakey Panel

■追記:後日注意点について書きましたので、グリーンスクリーンご検討中の方はこちらの記事も参考にしてくださいね。

関連記事

「信元夏代のスピーチ術」編集長 信元です。 先日、グリーンスクリーンを購入した、というお話をしました。 バーチャル登壇の機会が多い方にお勧め。自宅を一瞬でスタジオに。 [sitecard subtitle=関連記事 url=htt[…]

>「ブレイクスルースピーキング各種コース」

「ブレイクスルースピーキング各種コース」

文化や言葉の壁を越えてグローバルに活躍したい、すべての日本人のために。

CTR IMG