スピーチでのあがり症を克服!(後編) BTメソッドで対処しよう!

会社のプレゼンが嫌い?

会社のプロジェクトで、担当のパートは自分が話さなくてはならない。なあんて状況よくある話だ。さらに、初めての場所だったり、初めて会う人と話したりする時はどうもうまく話せない、そんな人もいるだろう。
スピーチが苦手な人は、その苦手な理由として「あがり症」をあげる。そして多くの人は、それは克服できないものと思い込んでしまっている。
これは、心理的なことが大きく関連している。人は誰でも、1対1なら話ができる。それが大勢の前だと緊張してしまう。だったら、誰か親しい人と1対1で話しているかのようなイメージを頭の中に描きながら話すことができれば、大勢の前でも、初めての場所でも、初めて会う人の前でもあがらずにスピーチは可能なのだ(詳しくは前編で)。
心理的なことがコントロールできるようになったら、次は技術的なことでも克服できることがたくさんある。

場数を踏むこと

成功体験を脳内にインプットして、過去の失敗体験を塗り替えれば「あがり症」は克服できる。そのためには、とにかく場数を踏んで慣れることが重要だ。
一度失敗すると怖いイメージがついてしまうが、前編で紹介したようにイメージトレーニングや自分に対して言い聞かせることによって、まずは自分の脳を書き換えよう。
そして実際にスピーチをやってみて、書き換えた良いイメージを補強することが大切だ。一度失敗したからと言って、あきらめたらもったいない。人は誰でも普通に人前で話せる能力を持っているものなのだ。繰り返し繰り返し、小さな成功体験を積んで行こう。いろんなところで話をする機会があれば、積極的に体験してみよう。ブレークスルーで教える準備をしっかりやれば必ず成功できる。それはとても簡単なことだ。別に公的な場でなくてもいい。友達同士で話しているときも、スピーチしているようなイメージでやってみるとよい。もし、何かセミナーを受講したら、手を挙げて講師に質問してみよう。

ワンビックメッセージを考える

例えば、セミナーで質問をする時もコツがある。それは、要点をあらかじめまとめておくことだ。そうすると、”しどろもどろ”にならなくてすむ。
聞いていて苦々しく思うのは、言いたいことがいくつも含まれていて、長々と述べているけど、結局何を言いたいのかが分からないスピーチ。よいスピーチとは、言いたいことが一つにまとまっていて聞きやすいものだ。特に質問する時は時間も少ないので、一つに絞った方がいい。しかし、一つに絞ることが意外と難しかったりする。頭の中でいくつも浮かんで来て、実際自分は何を言いたいのか分からなくなってしまう。そういう時は、紙に言いたいことを書き出して整理してみよう。
同じことが会社のプレゼンにも起きやすい。短い時間にあれもこれも詰め込みすぎて、結局何を言いたいのかが伝わらなくなってしまう。結果、あなたのスピーチの評判は下がり、あがり症を増長させてしまうばかりだ。
私がスピーチに少しでも自信を持ち、あがらなくなったのは、この準備方法を学んだことだ。準備さえきちんとしていれば、緊張せずに話せる。特に、この言いたいことは一つにまとめること。これをブレイクスルー・メソッドでは、ワンビックメッセージ(One Big Message) と言っているが、一つの大きな要点を考え、まとめることが、大きな自信へと繋がり、同時にあがり症も直せるようになる。
他にも言いたいことがあり、それらも全部重要、という時のプレゼンでは、それらを網羅したプリントを事前に用意して配るとか、プレゼン画面に全部書き出しておいて読んでもらう(自分が読むのではない)とかの工夫が必要だろう。口頭でのプレゼンは何か一つに絞って、印象づけておく。そして、それを動機づけとして、残りの要点を各自で勉強してもらう。その方が、あがり症のあなたの負担も少ない。一つ覚えておけばいいのだから、自分の想いがよりよく伝わりやすくなる。
しっかりとポジティブな会場の状況をイメージして、自分を言い聞かせ、そしてワンビックメッセージが明確なスピーチを準備して本番に望む。これを繰り返して場数を踏む。すると自然と成功体験が積み上がり、自信が生まれ、あなたはもうあがらなくなるだろう。

>「ブレイクスルースピーキング各種コース」

「ブレイクスルースピーキング各種コース」

文化や言葉の壁を越えてグローバルに活躍したい、すべての日本人のために。

CTR IMG