日本語の省略が異文化コミュニケーションに与える影響

何かがない、でもそれが何だか分からない

学生時代、英語で論文を書いた時、担当教授に提出する前にクラスメートでネイティブスピーカーのアメリカ人に必ず自分の英語を直してもらっていた(食事をおごったりして)。その時、よく「この部分、何かが欠けてるね!」と指摘されたことがある。

当時は、自分に何か思考的能力の欠陥があるのかと落胆したものだが、実は、日英文法上の違いが原因だとわかった時、ずいぶんとほっとしたものだ。

どういうことかというと、日本人にはその文法の性質上、論理的に考えられない場合がある。

例えば、簡単な例で、「桜は生物だ(生きている)」と言いたい場合、三段論法では、

1、桜は、植物である

2、植物は、生物(生きている)である

3、だから桜は生物(生きている)である。

というように言う。

「当たり前」が省略される日本語

しかし、この2番の部分を欠く傾向が見られるのが日本人だと、「日本人を知らないアメリカ人。アメリカ人を知らない日本人」の著者の一人であるマイケル・バーガー氏は指摘している。

日本語は、言語学上、ゼロアナフォラ言語と呼ばれ、「彼」「それ」などの代名詞は文法上省略される。繰り返して同じことを言うのはくどいと感じるからだろう。だから、英語を日本語に訳す場合、いちいち he を「彼」と訳さないですむような表現方法はないか、と訳者は考える。ちなみに「彼」が一人の男性を指すようになったのは明治以降だ。

日本語において主語は、誰を指すのか分かりきった状況では省略される。話し手と聞き手が共に了解している「トピック」も、省略された方がくどくなくて、自然な流れだと日本人は感じる。つまり、共通認識事項は省略されやすい、ということ。

バーガー氏が指摘する問題は、こういう文法上の影響に起因すると考えられる。つまり、お互いが分かりきったことは省略する、という文法上のルールが、三段論法的な思考プロセスにも知らず知らずのうちに適用されてしまう。「植物が生物である」ことは、多くの日本人が当たり前すぎると思うため、論理的思考から自然と欠落してしまうのだろう。

見えない部分を見える化する努力が鍵

ネイティブスピーカーのアメリカ人の友人が私の英文を読んで「何かが欠けてる」と思う。でもそれが何なのか、私は指摘されるまで分からなかった。当たり前すぎてそれに気づかなかったのだ。もし、それがチェックされないままだったら、本意を理解されないまま、私の論文は不可になっていたかもしれない。日本人が外国人と英語でコミュニケーションを取る時には、注意すべき点だと思う。英語だけではない、日本語でのコミュニケーションにも当てはまるはずだ。

しかし、このような「当たり前な部分は省略される」傾向がある、と一度認識すれば、やがて慣れてできるようになるだろう。よく「あれだよ。あれ」「ああ、あれね」で、済んでしまうような会話は、常に「あれ」とは何かを意識して言語化する努力をすればよい。

書き言葉に関しては、英訳した文章を読み返した時に、論理的に筋が通っているかどうかをチェックしたり、代名詞が欠けてないか吟味する。特に「XXは、◎◎だ」の英訳には要注意。大抵の場合、それを直訳したら意味不明の英文になる。上記のように、三段論法的に考えると、何かが欠ける場合が多い。

話している時は、即座に考えて修正するのは難しいが、あとで修正、言い直しすることはできる。一番の訓練法は、誰か異文化出身の人とコミュニケーションを取る機会を増やすこと。誤解が生じた時がそれに気づくチャンス。もしくは、聞き手の怪訝な顔に敏感になって、自らそれに気づくようになればいい。そしてそれに気づいた時、自分に課する質問は、「何か当たり前すぎて省略していることはないか」であり、こんなこと相手も当然分かっているだろう、という思い込みはないか」だ。

>「ブレイクスルースピーキング各種コース」

「ブレイクスルースピーキング各種コース」

文化や言葉の壁を越えてグローバルに活躍したい、すべての日本人のために。

CTR IMG