3分で心をつかみ、企画を通すプレゼン準備法

凝縮されたシンプルで明確な情報で勝負

テレビ番組のプロデューサーから与えられる時間は3分

米国のテレビ番組のプロデューサーに製作会社が新企画を持ち込もうと思っても、10あるうちの1つくらいしか通らない、しかもそのプロセスも90日はかかる。一本のデモテープを作るにも相当時間がかかる。費用もバカならない。一本の企画につき最低でも約3万ドルだという(Brant Pinvidic ”The 3 Minutes Rule” より)。

そんな厳しい現場でも、優れた内容を効果的なプレゼンで提案すれば、採用になる確率はぐっと高まる。しかし、多くのプロデューサーは多忙で時間がない。与えられる時間は、せいぜい3分だ。だからその短い時間で相手の心をつかまなくてはならない。それには、凝縮された情報をできるだけ具体的にクリアにまとめることが必須だ。

ポイントを具体的に簡潔に述べるには?

必須要素と時間配分

  1. 商品説明(1分半)
  2. どのような仕組みでどのように使え、どんな証拠があり(1分)
  3. 具体的なプロセスは何か(30秒)

アメリカのテレビ業界で数々のヒット作品を生み出したPinvidic氏によれば、3分の中で必要なのは、それが何であり(商品説明:1分半)、どのような仕組みでどのように使え、どんな証拠があり(1分)、具体的なプロセスは何か(30秒)、であり、それらをシンプルにまとめることだ。大切なのは、あれもこれも盛り込もうとしないこと。これは弊社のブレイクスルーメソッドで教えているスピーチ作成術と全く同じだ。

プレゼン準備法

  1. 思いつくままにポイントをできるだけ書き出す(発散的思考)
  2. 書き出した内容をグルーピングし、3つに絞る(収束的思考)
  3. ワンビッグメッセージに落とし込む(日本語なら20語以内、英語なら10 ワード以内

つまり、プロセスとしては、最初に、思いつくままに付箋紙などを利用して、ポイントを書き出して行く(発散的思考)。この段階では何も判断はしない。その後、似通った内容のものはグルーピングする。いくつかグループができたら、その中で本当に必要な内容はどれかを判断し、3つまでに絞り込む(収束的思考)。実は、このプロセスが難しい。どのアイディア・項目も愛着があったりして、捨てきれない場合がある。しかし、少しでも関係のないものは勇気を出して切り捨ててしまおう! そして、その3つの構成要素(商品説明・理由づけ・使用プロセス)から有機的に生み出されるものを一つのメッセージ(One Big Message)として表現する。日本語なら20語以内、英語なら10 ワード以内だ。この具体的なプロセスは、ブレイクスルー基礎コースで詳細を学ぶことができる。

※本メディアの読者向けに基礎コース全5回の内容を特別公開中:

関連記事

スピーチの指導、というと、これまで演劇のノウハウやアナウンス技術を応用したレッスン、などがほとんどでした。しかしBreakthrough Method™(ブレークスルーメソッド)は違います。ニューヨークを拠点に約20年間にわたり、多くの企業[…]

バナー 全五回ステップバイステップで学ぶ明日から使える世界標準の話し方

明確なOne Big Messageを考える

聞いていて苦々しく思うのは、言いたいことがいくつも含まれていて、長々と述べているけど、結局何を言いたいのかが分からないスピーチ。3分しか時間がない状態では絶対にこれはできないし、してはならない。

よいスピーチとは、言いたいことが一つにまとまっていて聞きやすい。特に、この言いたいことは一つにまとめること。これをブレイクスルー・メソッドでは、ワンビックメッセージ(One Big Message) と言っている。3つに絞り込まれた内容が有機的に繋がって一つのメッセージをかもしだすようにすれば、相手の心を捉えることができるだろう。さらに、この3分でまとめることに慣れてきたら、その内容をYouTubeで流してみたらどうだろうか? あなたも流行りのYouTuberになれるかもしれない。

■オープニングのコツはこちら:

関連記事

投資家の態度を変えた魔法 大阪のプラスチック会社プロジェクトリーダー鈴木さんの場合 大阪のプラスチック会社に勤める鈴木俊介(仮名・38歳)さんは、新しいプロジェクトリーダーだ。このプロジェクトには投資家を募らないといけない。でも、彼はプ[…]

技術革新は変化をもたらす

ニューステラさんによる写真ACからの写真 (イメージ写真)

>「ブレイクスルースピーキング各種コース」

「ブレイクスルースピーキング各種コース」

文化や言葉の壁を越えてグローバルに活躍したい、すべての日本人のために。

CTR IMG