CATEGORY

話題のスピーチ解説・分析

  • 2020年11月14日

ストーリーの力を最大限発揮したステーシー・アブラムスのスピーチ徹底解析

アメリカ次期大統領バイデン氏が、副大統領候補を選定する際候補に挙がっていた、ある黒人女性の政治家が脚光を浴びています。 2019年、トランプ米大統領の一般教書演説を受けて、民主党の代表として、反論演説を行った際の彼女のスピーチは、まさにストーリーの力を戦略的に組み込まれた素晴らしいものでした。ブレイクスルースピーキングで提唱する「6つのC」に沿って徹底解説します。

  • 2020年11月7日

米国プロスピーカーが振り返る!ヒラリーとマケイン過去の名敗北宣言

ようやく終わりが見えてきた、アメリカ大統領選2020。開票が全部終了し、勝者が決まると、必ず次期大統領が勝利宣言を、敗者は敗北宣言(英語ではConcession Speechと呼びます)を行います。 これまでで私の在米生活の中で最も印象に残っている2つの敗北宣言について、解説します。

  • 2020年8月20日

ミシェル・オバマの民主党大会2020でのスピーチ分析

11月3日に行われるアメリカ大統領選に向けて、候補者を正式に指名する民主党全国大会が8月17日に初日を迎えました。 その初日の最後に登場したミシェル・オバマのスピーチが話題になっています。 早速、ブレイクスルーメソッドに基づいて分析していきましょう。

  • 2020年4月28日

リーダーの技量が問われる危機対応スピーチ その⑤ボリス・ジョンソン首相(イギリス)

現在、かつてないパンデミックが世界中を脅かし、各国、各都市、各業界でのリーダーたちは、刻一刻と状況が変化する中、大胆かつ的確な判断を下す必要がある厳しい局面に立たされています。前回から、そんなリーダーたちが行った、お手本となる危機対応スピーチを取り上げ、解説しています。 ご紹介する5つのスピーチのうち、今回は最終回の5つ目、低コンテクストで端的に伝える、イギリスのボリス・ジョンソン首相です。

  • 2020年4月27日

リーダーの技量が問われる危機対応スピーチ その④ジャシンダ・アーダーン首相(ニュージーランド)

現在、かつてないパンデミックが世界中を脅かし、各国、各都市、各業界でのリーダーたちは、刻一刻と状況が変化する中、大胆かつ的確な判断を下す必要がある厳しい局面に立たされています。前回から、そんなリーダーたちが行った、お手本となる危機対応スピーチを取り上げ、解説しています。 ご紹介する5つのスピーチのうち、今回は4つ目、国民と同じ目線で寄り添う、ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相です。

  • 2020年4月26日

リーダーの技量が問われる危機対応スピーチ その③リー・シェンロン首相(シンガポール)

現在、かつてないパンデミックが世界中を脅かし、各国、各都市、各業界でのリーダーたちは、刻一刻と状況が変化する中、大胆かつ的確な判断を下す必要がある厳しい局面に立たされています。前回から、そんなリーダーたちが行った、お手本となる危機対応スピーチを取り上げ、解説しています。 ご紹介する5つのスピーチのうち、今回は3つ目、距離を最大限縮めてメッセージを伝えた、シンガポールのリー・シェンロン首相です。

  • 2020年4月24日

リーダーの技量が問われる危機対応スピーチ その①アンドリュー・クオモ州知事(ニューヨーク)

現在、かつてないパンデミックが世界中を脅かし、各国、各都市、各業界でのリーダーたちは、刻一刻と状況が変化する中、大胆かつ的確な判断を下す必要がある厳しい局面に立たされています。そんなリーダーたちが行った、お手本となる危機対応スピーチを5つ取り上げ、解説します。 まずはニューヨーク州知事の、アンドリュー・クオモのスピーチです。

  • 2020年3月12日

サンダース v.s. バイデン 対角にあるスピーチスタイル徹底解説

つい先日の3月3日、アメリカ大統領選の候補者選びの山場となるスーパーチューズデーの投票が、アメリカ14州で行われました。その結果、事実上、ジョー・バイデン前副大統領と、バーニー・サンダース上院議員の一騎打ちとなっています。サンダース氏は革命を、バイデン氏は冷静さと安定を取り戻すと約束している対角的な両者のビクトリースピーチから、両者のスピーチスタイルの違いを紐解いていきましょう。

>「ブレイクスルースピーキング各種コース」

「ブレイクスルースピーキング各種コース」

文化や言葉の壁を越えてグローバルに活躍したい、すべての日本人のために。

CTR IMG